カテゴリー
Uncategorized

BIG3デッドリフトをやるメリット4選!!

マイプロテイン 公式 【MyProtein】 Impact EAA 500g 約55食分【楽天海外直送】
価格:5501円(税込、送料別) (2020/4/17時点)楽天で購入

こんにちは、マントラです。

皆さん、BIG3デッドリフトをやることで得られる多くのメリットをご存じですか??

デッドリフトって名前は知ってるけどBIG3の中では地味だし、どこの部位に効果があるか分からないから取り組んでいないという人もいると思います。

しかし、デッドリフトは始めたばかりの方には敬遠されがちではありますが、多くの部位に効果がありデッドリフトをメニューに取り入れることでトレーニング効率も上がるのです。

デッドリフトで鍛えられる部位

1 ハムストリング(太ももの裏の筋肉)

走るときなどに非常に重要な筋肉です。

2 背中

ベンチプレスをメインでやって胸だけでていて背中がぺったんこの人いますよね?

背中を鍛えて丸みを持たせてかっこいい背中をつくりましょう。

3 お尻

スポーツ全般で必要なのがここお尻の筋肉。

鍛えることでヒップアップし足長効果にもつながります。

4 前腕

前腕を鍛えることで握力アップにもつながります。

そして、鍛え上げられ血管が見える前腕は女性にも人気があります。

次にデッドリフトによって得られるメリットについて話していきたいと思います。

デッドリフトのメリット4つ

メリット1. 鍛えられる部位が多い

背中だけしか鍛えられないと思われているかもしれませんが、実際にはさきほど書いたように多くの部位を鍛えることが出来ます。

一度に多くの部位が鍛えられるので時間がない方などぜひ取り入れてみましょう。

メリット2. 握力アップにつながる

重いバーベルを持ち上げるときに足腰や背中だけではなく、重いバーベルを持っていなくてはいけないので自然と握力がつきます。これは懸垂をするのに似た感じで、デッドリフトでは懸垂よりも重い重量を扱うの握力がつきやすいのです。

メリット3. 基礎代謝量が上がり痩せやすくなる

ご存じの方が多いとだろうと思いますが、筋トレをすると筋肉量が上がり同時に基礎代謝量も上がるので痩せやすい体になります。

そして、下半身は体全身の70%の筋肉量を占めるといわれています。つまり下半身は上半身よりも筋肉量が多いので、よりやせやすいのです。

ですので、痩せたい方はまず下半身を中心にトレーニングをしてみるといいでしょう。

メリット4. 背中に厚みが出せる

デッドリフトは多くの部位を同時に鍛えることが出来ますが、やはり一番効くのが背中です。

背中には何個か部位があり、脊柱起立筋や広背筋や僧帽筋などがありすべて鍛えることが出来ます。

その中でも特に脊柱起立筋によく効き厚みのある背中をつくることができます。なので背中がぺったんこだから背中に厚みをもたせたいという方はぜひやってみましょう。

デッドリフトのやり方

文だけだとイメージしにくいと思うので最初に動画を載せておきます。

【初心者】正しいデッドリフト講座【筋トレ】

動画で細かいところやフォームについては確認していただけたと思うので、2つポイントを上げておきます。

ポイント1. 背筋を張って行う

基本的なことではありますが背中が曲がった状態で行うとしっかりと背中に効かないので背筋を伸ばして行うようにしましょう。

そして曲がった状態で行うとケガにもつながるので注意しましょう。

ポイント2. 無理をしすぎない

デッドリフトは筋トレの種目の中で最もケガをしやすいのであまり無理をしすぎないようにしましょう。

特にバーベルを上に引くときに腰を痛めやすいので、しっかりとウォーミングアップを行い、初心者の方はもてる重さを確かめながら徐々に徐々に重さに慣れていきましょう。

そして腰にトレーニングベルトを巻くと腰を痛めにくくケガをしにくいでしょう。そして筋トレのパフォーマンスを高めてくれるのおすすめです。

私が使っているトレーニングベルトのURLを載せておきます。

革でできていてしっかりと腰を守ってくれて使い心地もよいです。そして値段もお安いのでおすすめです。

トレーニングベルト パワーベルト 筋トレ ベルト レザーベルト レザー ウエイト リフティングベルト ジム 筋肉 腰 ジム スクワット ダンベル 筋力ダイエット 筋トレーニング
価格:2289円(税込、送料無料) (2020/4/17時点)楽天で購入

そしてトレーニングベルトはけが予防だけではなくお腹を圧迫して腹圧を利用して普段よりもパワーを出すことが出来るのでまだ持ってない方は一つはぜひ持っておいた方がいいでしょう。

今回はデッドリフトについて書きました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次回はBIG3の1つスクワットについて書いていきたいと思います。

今回はここまでです。

ではまた!!

トレーニングベルト パワーベルト 筋トレ ベルト レザーベルト レザー ウエイト リフティングベルト ジム 筋肉 腰 ジム スクワット ダンベル 筋力ダイエット 筋トレーニング
価格:2289円(税込、送料無料) (2020/4/17時点)楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です